• ホーム
  • 中折れの原因は性行為時の緊張?

中折れの原因は性行為時の緊張?

白い錠剤と瓶

性行為の最中に勃起力が萎える、いわゆる中折れに悩む人は意外と多いです。
勃起はするものの、途中で維持できなくなってしまうため、最後までたどり着けなかったり、挿入すらままならないという人もいます。
性行為は相手があってのことなので、申し訳ない気持ちや情けない思いをする男性は多いです。
中折れは、悪循環に陥ることも多く、その原因をしっかりと探って対策しないと繰り返してしまうこともあります。
中折れの原因としてまず挙げられるのが、ストレスです。
仕事や人間関係などでストレスを溜め込んでしまうと、イライラしたり焦ったり悩んだり、感情の起伏が激しくなります。
男性の精神は繊細で、ストレスが原因で精力不足に陥る事は珍しくありません。
若い人でも人間関係のストレスで中折れ状態になってしまう人がいます。
その他に中折れの原因として比較的多いのが、緊張です。
性行為そのものに対する緊張があるため、勃起力を維持できなくなってしまうというタイプです。
これは、性行為自体に慣れていない若い人に限ったことではなく、中年以降の男性にも見られます。
緊張感が高まっているときに勃起をするのは難しいです。
うまくいかなかった経験があると、さらに緊張感は増し、常に緊張状態にあるため中折れを繰り返してしまうという事態も考えられます。
このような状態になると、緊張しないようにとさらに自分を追い込んでしまうタイプが多いです。
緊張してはいけないと思うほど、心と体は離れていきます。
中折れを防ぐためには、性行為そのものを、明るくポジティブに楽しむこと、またそうであった頃を思い出すことが重要です。
性行為は元をたどれば子孫を残すための行為ですが、そこには大きな快感が伴います。
それは肉体的な満足だけではなく、愛する人との感情の高ぶりや、お互いを思う気持ちを共有できる点にあります。
気持ちをそういった方向へ持っていくことが肝要で、そのための方法を探るべきです。

性行為のマンネリ化

性行為の途中に萎える原因の一つに、パートナーとの性行為のマンネリ化があります。
同じ相手と同じ時間に、同じ格好で性行為をすることに、慣れてきてしまうとそれがマンネリ化と感じてしまうことがあります。
夫婦などでは特にこの傾向が顕著で、悩む男性も多いです。
ストレスや緊張で精力不足に陥っているところに、マンネリ化が加わると、さらに中折れの頻度は上がってしまいがちです。
前向きに、刺激的な性行為を楽しむために、マンネリ化の打破は重要な鍵です。同じ相手と同じ場所、同じ時間にという繰り返しが良くありません。
パートナーはすっぴん、いつもと同じパジャマ、いつもと同じ体位などと意識をしてしまうと、中折れの原因になってしまいます。
少しでも意識的に変化を加えることが大切です。
いつもと違う格好で行為を始めてみたり、夜に性行為を行っているのであれば、朝から行為に及んでみたり、少し変化をつけるだけでもマンネリ化の打破につながることがあります。
たまには2人で別の場所で性行為をしてみるのも良いです。
久しぶりにラブホテルに行ったり、旅行先でなどとシチュエーションを変えれば、気分も変わります。
ただし、いきなりやり過ぎは禁物です。
あまり大幅な変化をつけてしまうとそのこと自体に萎えるという男性は多いです。
張り切りすぎは逆効果になることがあるので注意が必要です。
多くの男性は精神がナイーブであることを忘れてはいけません。
日々の生活でストレスを溜めすぎないこと、また溜まったストレスは上手に解消すること、疲れすぎないように体調管理をすること、などとともに重要なのは、マンネリ化の打破です。
前向きでポジティブな性行為ができるように、パートナーと協力して取り組むことが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧